A-SIGNの活動

 ■  A-SIGN の活動について

A-SIGNは石井一太郎、石井六大が運営するボクシングプロモーションで、Youtubeチャンネルも運営しています。

  1. 主催大会の配信(生配信、録画配信含)
  2. プロモーターとしての発信
  3. 著名選手にも出演していただくボクシング対談
  4. 選手のドキュメンタリー動画
  •   2020年総再生数       1228万再生
  • 月間平均訪問者数        350,000人
  • チャンネル登録者数        39,000人

流行のエンタメ要素の強いコラボ企画などは一切おこなわずに、上記の企画を継続発信しています。

A-SIGNは25~54歳(男性)が視聴者全体の75%を占めています。2019年10月より「ボクシング対談」「プロモーターとしての発信」企画をおこないこの1年間で1,400万再生、チャンネル登録者3万人増、また先日はYoutubeでの活動を通して無観客興行を成立させることができました。

 

■  石井一太郎

横浜光ボクシングジム代表
ボクシングプロモーター A-SIGN-BOXING
A-SIGN CH 運営
第53代日本ライト級・第41代東洋太平洋ライト級王者
  [2001~2009  25戦21勝16KO3敗1分]

明治大学1年生のときにアマ経験なくプロボクサーとしてデビュー。元WBC世界Jrフェザー級王者ロイヤル小林の薫陶を受けKO勝利を積み重ねる。
大学卒業後はアメリカ、メキシコ、タイでの武者修行を続け日本ライト級、東洋太平洋ライト級の王座を獲得。
27歳で引退するとトレーナー業に転身。
李冽理のトレーナーとして、2010年には李冽理のWBA世界Sバンタム級王座獲得に尽力。
2011年横浜光会長就任後も赤穂亮、金子大樹、胡朋宏、松永宏信を輩出し、
2016年プロモーション事業としてA-SIGNを設立。 

  石井六大

A-SIGN CH ディレクター
■赤穂亮のルーTube CH ディレクター

ニート活動をしていた2016年、兄である一太郎とともにA-SIGNを設立。撮影、映像編集などの一切の経験なく独学で動画を作成し続け、現在では、A-SIGN CHの企画、撮影、編集全てを担っている。

■ コロナ禍での無観客試合

2020年8月31日にはコロナ禍のもと、八王子中屋ジム主催大会A-SIGN.BOXINGを後援させていただきました。
自らメディアとして活動をおこない、360万円のクラファン売上をあげ無観客興行(チケット販売はせずに、サロンメンバーのみご招待)を成立させることができ、様々なメディアにも取り上げていただいています。

ファイトマネー10倍 コロナ下、ボクシング興行に知恵(日本経済新聞)

ボクシングで異例の100万円プレーヤー誕生!投銭成功の理由(Number web)

中年ボクサーに77万円の激励賞(Yahoo!ニュース)

 

    ■ コロナ禍での無観客試合

    2020年12月26日墨田区総合体育館でビックイベント開催。
    コロナ禍のもと、ノンタイトルマッチの国内興行では異例ともいえる3750万円の興行収入を達成。

    伊藤雅雪対三代大訓のノンタイトル戦でなぜ仕掛けるのか プロモーターが明かす舞台裏(yahoo!ニュース)

    伊藤雅雪―三代大訓戦をユーチューブ生配信 クラファンで約3700万円集まる 応援したい選手には投げ銭(スポーツ報知)

    ■ 過去の主な出演者

    • 山中慎介(元WBC世界バンタム級王者)

    • 京口紘人(WBA世界Lフライ級王者)

    • 中谷潤人(WBO世界フライ級王者)

    • 長嶋一茂(元プロ野球選手・タレント)

    • 伊藤雅雪(WBO世界Sフェザー級王者)

    • 岩佐亮佑(IBF世界Sバンタム級王者)

    • 小國以戴(IBF世界Sバンタム級王者)

    • 赤穂亮(日本・東洋・インターナショナル王者)

    • 栗原慶太(東洋太平洋バンタム級王者)

    • 松永宏信(日本・WBOアジアSウェルター級王者)

    • 坂井祥紀(逆輸入ファイター)

    • 福田直樹(ボクシングフォトグラファー)

    • 杉浦大介(スポーツライター)