プロジェクト

 

この度、ボクシングに特化した新たなクラウドファンディングシステムを導入しました。

一般的にファイトマネーはプロモーターからジムに支払われます。協会として規定されているマネージメント料は上限33%で、 その割合を差し引かれた金額がボクサーの手取り額となります。

選手はファイトマネー以外にも、自らチケットを手売りした金額の◯◯%、激励賞、広告費用が試合の時に得る収入となります。

 

このたび、わたしたちはオンラインを通して、お客さまが直接応援したい選手に支援金を送ることができるシステムを導入しました。お客さまの支援していただいた金額の90%が選手に直接振り込まれます。(カード決済手数料のぞく)

コロナウィルス観戦拡大を受け、しばらく間ボクシングのイベントは無観客、あるいは客数制限を設けた興行が条件となります。選手からすれば、チケットを手売りできなくなる以上、受け取ることのできるファイトマネーがぐんと下がります。

そこで、お客さまからの支援金という形で選手に行き渡るシステムを導入することとしました。

A-SIGNとしましては、Youtubeによるライブ動画配信を中心に、プロジェクト支援や投げ銭、EC物販などオンラインシステムを推進し、ボクシングならびにボクサーの魅力をみなさまにお届けしたいと考えています。