興行開催のきっかけ

興行開催のきっかけ

『A-SIGN 興行開催のきっかけ


無観客を前提とした『A-SIGN BOXING』興行の開催を発表してから1週間が経ちました。

思えば、新型コロナウイルス感染拡大による非常事態宣言でジムは自粛という休暇期間に突入。
その間、石井会長はHPを立ち上げ動画をYouTubeにあげていき、自分は画像データの製作や、スポンサーさん集めの資料作りなどを中心に動いてきました。(せっかくの休みが台無しになりました)
特にハッキリとした線引きは無いものの、なんとなくお互いのやるべきことは分かっていて、とりあえず足は止めず行動しながら決めて、失敗したら修正しよう、と話し合ってきました。

その行動を皆さんにお伝えするためHPに文章を書くことになり、このイベントの理念や、一つ一つの根本的な考えを書いていくのが石井会長なら、とりあえず自分はイベント当日までの日々の活動を書いていこうと思いました。
まぁ、日記みたいなもんですね、一応、今回の興行プロモーターは自分になっているので、プロモーターの活動日記みたいなもんでしょうか。

ところで、『SAVE JAPAN BOXING』ってご存知でしょうか?

東日本ボクシング協会がコロナ感染拡大に対して、今を耐え、この競技を守っていくというメッセージを発信していくため、3月中旬に立ち上がったプロジェクト、それが『SAVE JAPAN BOXING』です。

きっかけは石井会長、

コロナの影響を受ける中、4月頭に無観客での東日本新人王予選の開幕戦が決まった際、新人王委員長の石井会長は特別な大会にすべく、当日のYouTube生配信を行うことを決めました。なんと撮影経費、ゲストのギャラは自分持ち、このご時世、このタイミングで中々できるものじゃないですよ。
この話に感銘を受け、無観客戦に何か加えたいという石井会長の誘いを聞き、協会の商品企画委員長に新任していた自分がこのプロジェクトを提案したのが始まりでした。

現役世界王者達のサインを集め、メッセージ動画を撮影、配信して事前に興行を盛り上げる。
当日、配信のチャット内で国内外の大物の参加(を予定)、投げ銭で特別なプレゼントを企画するなど(全現役世界王者のサイン入Tシャツ)、一部、興行をやるべきで無いという声も上がる中、選手達には戦いの場の提供をする事が大切だと考え準備を行っていました。
ところが、
直前でコロナ情勢悪化を考慮し、特別な興行にするはずだった新人王戦は延期となり(しょうがなかったとは思います。)、『SAVE JAPAN BOXING』プロジェクトも名前だけが残ってしまいました。
自分は何度か企画を練り直しては行動に移し、石井会長もまた新人王開催の模索をしていました。
しかし、非常事態宣言が発令されると、それ以上の動きはできない状況となってしまいました、、、

それなら4月にやれなかったことを自分達でやってみようと、今度は自分が石井会長を誘いました。

「一緒に興行やりません?」

「やりましょ」

一言返事をもらって決まったこのA-SIGN BOXING、決めた時、この先の不安よりも楽しみが上回っていました。

きっかけはこの状況、

決めたのは自分達、

楽しんでもらいたいのは選手達と、何より観戦してくださる皆様、

これからの活動をどうか楽しみにしていてください。


『SAVE JAPAN BOXING』支援Tシャツ販売

非常事態宣言が解除され再び社会が動き出した中、6月2日に売上利益を全額コロナ対策資金として、今後の興行における医療関係、予防策などに当てさせてもらうという形で『SAVE JAPAN BOXING』のTシャツ販売をスタート。ようやくプロジェクトを開始できる事が出来ました。(もうこの準備だけで自分はヒーヒー言ってます。)

https://eastjpba.official.ec

日本のボクシングを応援していただけたなら、こんなに嬉しいことはありません。是非、ご覧になってみてください、よろしくお願い致します。

次回はちゃんとA-SIGN BOXINGの活動報告を致します。