ファイトマネーをゼロから作ってみる

ファイトマネーをゼロから作ってみる
8月31日の興行のなかで、ひとつミッションを自分に課しています。
無観客試合ですが、当然全ての選手にファイトマネーを現金で支払います。(なんか8月客入れできそうな雰囲気だけど)
主催者は八王子中屋ジムの中屋一生さんですが、
一緒にお金を作ります。
そのなかでうちとして、
坂井祥紀にファイトマネーをいくら支払えるんか?というミッションです。
 
彼の次の試合は8回戦です。
世界ランキングはもちろん、日本ランキングにも入っていない彼のファイトマネーはめちゃくちゃ安い。
ただ、彼のこれまでのキャリアをリスペクトしなければなりません。
選手が自らの試合で得る報酬を増やすには、
スポンサーを増やす、
チケットの手売りを増やすの2つでしょう。
 
坂井にそれは酷です。
なんせメキシコに10年いたうえ、地元は尼崎。
東京に知り合いはほとんどいません。
酒も飲めないので、おっさんにかわいがられません。(笑)
 
以下はオンラインサロンの記事の一部です。
_____________
♦︎国内ボクシング興行の集客
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
プロモーターとして興行をおこなう以上、当然集客をしなければなりません。
正直言うと、
興行は出場選手個々の集客力におんぶに抱っこのところがあります。
要するに、選手がどれだけ手売りできるかです。
 
プロモーターとしては、チケットの売れる選手をラインアップに入れておけば寝てても儲かります。(あくまで僕の肌感覚で、チケット販売に奔走されている会長もいます)
 
後楽園ホールでは満員御礼の興行が年数回ありますが、
ぶっちゃけ一般売りする前にチケットがほぼなくなってることが多々あります。
 
ひとつは、新人王決勝戦ですね。ドル箱興行です。
全12階級24名の選手たちが、ほとんどのチケットをもっていきます。
4回戦にとっての初めて立つハレの舞台が、伝統の新人王決勝戦。
テレビ放映までつく。
お客さんから見てもわかりやすいし、選手たちもチケットを売りやすい。
 
うちは昨年9月にA-sign.Bee22を主催し、2000人を超えるお客さんが入りました。
伊藤雅雪の再起戦をメインに、
日本フェザー級タイトルマッチ阿部麗也vs佐川遼、
ライトフライ級ユースタイトルマッチが入ったメガ興行でした。
この日は超満員(立見券を購入したお客さんから立見する場所がないと苦情が出たほど)だったのですが、
じつは一般売りのチケットは立ち見席を含め200枚ほどしかありませんでした。
出場選手だけで、ほとんど売れていたんですね。
(伊藤の集客力はヤバい)
 
__________
♦︎A-SIGNとしての挑戦
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
今年の2月
坂井は日本でキャリアを積む際、どこのジムと契約するのかを模索していました。
彼自身が心配していたことは、
自分でチケットを捌くことができないということでした。
日本の仕組みは知っていましたから。
 
・実力はある
・日本人唯一のストーリーがある
・手売りチケットは絶望
 
腕が鳴ります。
 
YouTubeというのは時間の取り合いです。
無限とあるチャンネルのなか、視聴者の持つ有限の時間をA-SIGNの動画に使ってもらわなければなりません。
知らない人の紹介動画に人は時間を割いてくれません。
映画を観る際も、大まかなストーリーを知ったうえで観るか観ないか判断するはずです。
だから、いきなり知らない人のインタビュー動画を出しても死ぬだけです。
 
今年2月、
「異国で10年間戦い続ける日本人」
という題名で視聴者を引き付けて、坂井の紹介動画を作りました。


この動画を観てくれた人は題名に興味を持ち、彼を知ってもらうきっかけになったと思います。
もちろん、この題名をつけれる日本人ボクサーは唯一坂井だけで、
彼だけのストーリーです。
最近の動画では元世界王者の小國以戴選手に協力してもらいました。



小國選手を観たい人に、
あらためて坂井を知ってもらう意図です。
 
僕は、今回の坂井祥紀のファイトマネーとして、
協会が規定しているファイトマネーの5倍を保証しています。
坂井のチケット手売りはもちろんゼロです。
これは優しいとか、太っ腹とかではありません。
僕は大真面目に利益を出しにいきますので。
 
彼のようなストーリーを持っている選手を使って、
それ以上の収益をあげれなかったら、
プロモーターとしても、
会長としても、
Youtuberとしても今回はダメだったってだけの話です。
 
おかげさまで、
出場選手に対する支援金も少しずつ入ってきています。
現時点では坂井が抜けていますが、今後は他の選手も取り上げていきます。(全員は無理)
 
ただ、ジム制度なので、
そのジムが全面協力する形でないとプロモーションは打てません。
スタートとして、
山口拓也選手に取材の電話をしましたが、出てくれません。
彼はこの日の裏メインなのでしつこく電話します。



A-SIGNが手掛ける興行、Youtubeの中身はこちらから→期間限定オンラインサロン


4 comments

  • oKIlZRzLGxNTMrCW

    hrQWPGwVHMKEiz

  • cNZivRyDQM

    LUmgvdwcKpACPHTB

  • uQaSBDmlWFYfjitz

    fhxNUGHjyX

  • IcVaCBoFTylwmxtq

    cGrNwjBtKOPAkHnh


Leave a comment