井上尚弥も負ったボクサーの試合中の眼窩底骨折とは?

2019年11月7日WBSS決勝戦
井上尚弥はノニト・ドネアの左フックにより右眼眼窩底骨折を負ったことが試合後に判明。右の視力を失った井上は右手で右眼を多い左眼の視力のみで戦っていたことを、試合後に公表した。

今回は、実際試合中に眼窩底骨折を負ったことのある選手に話を聞いてみました。

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。