伊藤雅雪再起戦、日本フェザー級王座決定戦の大入り満員興行を終えて

先日のFUJI BOXING A-sign.Bee22は2000名を超える大入り満員。チケットは完売でした。あざす。
一般のお客さんに加え、
ボクサー、出場ジム関係者、メディア、テレビ局もいれれば2200名以上があの場にいたことになり、
興行終了後、後楽園ホール事務所に呼び出され、「人入れすぎ」とお咎めを受けました。

あれほどの興行規模だと、
自分が主催者を務めながら、現場(トレーナー、セコンド業)を兼任することは無茶である。
イベント進行中もテレビ局、後楽園ホール、コミッションへの対応に追われ、
(もっとも事前にパーフェクトに打合せしておけばよかったけど、抜け落ちていたことが多々あったからなんだけど)
それらを一個一個片付けていき、ようやく落ち着いたのはセミファイナルの日本タイトルマッチが始まってから。

テレビ局との打合せで、
ひとつ懸念されていたのが対戦相手が無気力試合をやらないかどうか。
過去、放送できないレベルの選手がきて、だいぶ編集せざる得ない試合があったらしく。
今回招聘したルイス・マナカネは、映像でみる限りは交戦的なファイタータイプ。ただ、過去にうちが呼んだ外国人でも、映像で見ていたのと、実際後楽園ホールでやってみたら同一人物かと思うほどの無気力な試合をする選手もいたことも事実としてある。
ただ、マナカネに関しては「その心配はいりません」と俺が自信満々に言えたのは、
マナカネに同行するのは嫁さんで、
この嫁はなんと無敗のWBAアジア女子バンタム級王者だと事前に伝えられていた。しかも、マナカネがインドネシアを発つ前日には、この嫁はWBCアジアタイトルまで獲得していて、その嫁の前で醜態をさらすことは許されないでしょ。

放送は9月28日(土)深夜26:35〜27:35分です。

現在は11月2日ダイナミックグローブに向けて準備中。
興行終わった直後に、次の興行準備とか正直少し萎える。


メインイベントは日本Sウェルター級タイトルマッチに、前座では日本Sウェルター級挑戦者決定戦が決定。
ここにもう1本、挑戦者決定戦が入るかも?

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。