HBO最後のボクシング〜スタブハブセンター〜

ロイ・ジョーンズJr、オスカー・デラホーヤ、フロイド・メイウェザー、マニー・パッキャオらスター選手の試合をペイ・パー・ビュー方式で中継し、1980年代からボクシング中継のトップに君臨していたHBOが今年限りでボクシングから撤退。
その最後の大会がこの日だった。
会場はスタブハブセンター。
ミゲール・コットvs亀海喜寛
ノニト・ドネアvs西岡利晃
井上尚弥vsアントニオ・ニエバス
が、この会場だったよね。

ロサンゼルス最終日。せっかくだから、俺もこれ観て帰ろうかしらと。
って急遽、岩田翔吉(帝拳)デビュー戦のセコンドに就くことに。当日、TEIKENプロモーションにカリフォルニア州のセコンドライセンスを取得してもらい、大介さん、伊藤雅雪君と3人でセコンド。

しかし驚いたのは、カリフォルニア州コミッションのガバナンス。ちなみに、こちらのコミッションはみんな役人らしい。
控え室では常にコミッションが数人はりついている。
岩田君が控え室でスポーツドリンクを飲んでいたら、水以外はダメだと没収。
4回戦からでもバンテージはコミッションが立会いのもとで巻き、グローブを付ける時も立会う。
マウスピースは予備も含めて何を使うのか?トランクス、ファールカップ、試合中に使用するタオルは?持ち込むバケツは?止血剤は?すべて試合前にチェックされる。しかも何度も。
リングに水をぶちまけないよう、バケツに氷を直接入れることすら禁止されていて、氷はすべてジップロックに入れなければならない。

ってことで、インターバル中に選手に水をぶっかけることも許されない。
入場から、試合終了までコミッションが陣営に1人ずつ張り付いている。ここで不正を働くには桜井章一並みのテクニックが必要となる。
インターバル中、チーフセコンドの大介さんが指示している時もいちいちコミッションはイチャモンをつけてくる。大介さんは英語でブチ切れながら、日本語で指示という忙しなさ。
誰だよ?アメリカ人は大雑把で適当って言ったのは?

岩田君は4RTKO勝利。
粘る相手を仕留めるのに手は焼いたものの、最後は強引にTKO勝利に持ち込んだ。
試合終了後、一服して会場内で試合観戦。
やっぱりね、この12月に屋外で試合なんてキチガイだ。この時期のロサンゼルスの夜は寒くて、ベンチコート着ながらじゃないと観てられない。
リング上ではオリンピック2大会連続金メダリストの女子ボクサー.クラレッサ・シールズ。めちゃくちゃ強い。スピードはあるし、獰猛に攻め込んで行き、相手が打ってきたらカウンターをぶちかます。こんなんが嫁だったら、率先してすべての家事をやるしかない。
まぁ、本田会長はニューヨークでおこなわれていたアイザック・ドグボエvsエマヌエル・ナバレッテをスマホ観戦してたけど。

それにしても今日の大会は客が少ない。2割も入ってないから…
先日のヘビー級タイトルマッチも、メインイベントが始まる直前に会場が埋まったから、今日もそうかと思いきや。

ヤバくね?この客入り。
これがHBOラストの大会ってのは寂しいね。

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。