井上尚弥の“右足”

 いや〜、またしてもとんでもないものを見せてもらってしまいました。
敢えて言わなくても、みなさんおわかりでしょう。そう、“モンスター”ですよ。

 国内の、いやいや海を飛び越えて世界中のメディアが騒然となって、色めき立って、あーでもない、こーでもないって彼のボクシングを解説してます。でも、当サイトで石井一太郎会長が書いた『井上尚弥の真髄』が、新たな見解でとってもグッド!

 尚弥の父・真吾トレーナーはかつて極真空手をやっていて、きっと“武道の精神”は息子たちを鍛える点でキーになってる。それに、他人にはどうしようもできないDNAがある。尚弥にも間違いなく遺伝しているはずです。それに、大ケガをした右拳を鍛えるために、素手でサンドバッグを殴ってるし。あれって、「極真魂」ですよね? だから石井会長の武道の話、とても頷けます。

 あとは、海外の、YouTubeを見たと思しきファンのコメント。
「イノウエは、GGGのパワーを持ち、カネロのスキルを持っている」なんてのもあって、「わかってんじゃん!」って小躍りしそうになりましたけど、いや待てよ、もうすでにゴロフキンもカネロも軽く凌駕しちゃってんじゃね?って思い直したりなんかして。

 不肖私めも、言わせてもらいます。井上尚弥、「最初にして最後の2発」とどこも取り上げておりますが、合計4発のパンチを出しております。1発目は、パヤノがゆらりと入ってきたところへ、軽く左フックを。タイミングを測っただけのように。そして2発目はパヤノがグイッとステップインを強めたときに右アッパーカット。これは大橋秀行会長が、「わずかにずれたけど、あれが決まってればそこで終わってた」と振り返ったやつ。真吾トレーナーが思わず「ナイスアッパー!」って絶叫する声が、テレビにも入ってましたね。そして最後の2発──。

 最初の2発は、相手を引き寄せてのカウンター。そして最後の2発は、左グローブ(井上)と右グローブ(パヤノ)の駆け引きの中、右ジャブを引きずり出してのその内側を突き通す左アッパーみたいなやつ。ジャブとかストレートとか言われてますが、あれ、アッパーに近い気がします。そしていわゆるワンツーでなく、ワンのタイミングで2発目も打った。そう、あの右ストレート。

 驚くべき点はまだまだ。試合後、井上尚弥はあの2発を自ら解説してくれた際、なんともさらりと言い放ちました。

「左を潜らせたとき、パヤノの顔が曇った」と。

 並の選手がワンで打つ速さであの2発を放った井上尚弥、その左と右の間のゼロコンマ何秒? の間のパヤノの怯え、驚愕の表情を照射していたんですね。これ、動体視力がどうのとかそういうレベルじゃないッスよ。

 さらにさらに驚くのは、あの右、かかとを浮き上がらせて打ってるんですよ。そしてさらにその浮き上がった足は、右サイドへスライドさせて、パヤノの正面から左サイドへポジションを変えているんですね。ということはつまり、あの右で決まらない、もしくは外されてしまった後の、パヤノのさらなる返しのブローに対しても、きっちりと対処している。

 ……だけじゃなく、もうすでに追撃の体勢に入っている。しっかりとバランスを戻して構えていたんですから。

 いったい、ひとつの動作がその次、さらにその次……と何段構えになってるんでしょうか。

 私は会場で見ましたが、もちろん遠くて、足の運びまでは見えませんでした。テレビで観ていた方も、「何で倒したかわからない」って人、多かったみたいです。それに、足までは映っていなかった。その後、別角度からのカメラでその驚愕の足運びは捉えられていましたが、映像をお持ちの方は、何度も何度も繰り返して見てください。なにせ70秒しかないんだから、何度繰り返したって大丈夫でしょ?

 とまあ、田中恒成とか、横浜アリーナの前日にあった末吉大vs.三代大訓のスーパーフェザー級統一戦のことも、井上尚弥から派生して「足」をテーマに書こうと思ったんですが、彼らのことはまたあらためて後日に──。

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。