横浜光ジムの海外遠征試合を振り返る【まとめ】

2015年から海外での試合を頻繁におこなっている。
せっかくボクシングやってんだから。
どこの国行ってもだいたいボクシングはあるんだから。
毎日同じジムで練習して、毎回同じ場所で試合してって。
なんか違くね?と思うんだよね。
海外での試合なんだから当然、
現地のプロモーターから呼ばれることがほとんどだけど、
たまに、
現地のプロモーターと話し合い、
自分たちで試合をマネージメントすることもある。
これはけっこう金がかかる。
後楽園ホールで興行やるより金かかった試合もあるし。
いつもサポートしてもらっているスポンサーの方々には感謝。
ここで、うちの海外遠征を振り返ってみる。

2011年〜2012年

2011年12月15日 韓国
60Kg契約10回戦
谷口弘嗣vs金澤民
10R判定勝ち

対戦相手の金は当時PABA王者でWBA世界13位。
谷口は世界13位を10R完全にコントロールし、敵地ながら3-0の判定勝利。
この勝利で谷口はノーランカーから日本Sフェザー級2位に大躍進。
だが、この時の日本王者は同門金子大樹。

2012年7月 メキシコ
WBCシルバータイトルマッチ
池原繁尊vsエドガル・ソーサ
9RTKO負け

街中のあらゆるところに、
試合のポスターが掲げられていた。
ただ、池原の合成写真のクオリティが低すぎる。

試合翌々日、現地でコーディネートしてくれた西出ファミリーとの別れ。
空港でお土産を買い、いざ搭乗口に向かうと、
成田行きの飛行機は飛び立ってしまっていた。
メキシコ人はいつも時間守らないのに、
離陸だけは時間ぴったり。
西出ファミリーに空港まで迎えに来てもらい、
再会を喜んだ。

数日メキシコに延長滞在することになり、
暇だったので、俺は目の上にあるイボを取ることにした。
メキシコの病院で、医者が小型ドリルみたいので俺のイボを強引に取り除く。
俺は血塗れになり、左顔面が腫れ上がる。
帰りの空港では、池原でなく俺がボクサーと空港の職員に勘違いされた。
日本では、
レーザーで傷一つつけずに一瞬でイボを取り除くことをできるのを、
帰国後に知った。

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。