IBFパンパシフィックタイトルマッチ 交渉過程公開

12月20日
IBFパンパシフィックSバンタム級タイトルマッチ
高橋竜平 vs マイク・タワッチャイ
の予定だったんだけど。

11月24日
タイ側から連絡が入る。
「タワッチャイがIBF世界挑戦者決定戦に出場することになった為、
高橋竜平とのIBFアジアパンパシフィックタイトルマッチをキャンセルします」

この試合が一旦決まったのが、
9月の終わりだ。
高橋は自費でフィリピン・ALAジムでのトレーニングを敢行、
11月には1試合調整試合を挟み、
この決戦に備えていた。

俺としては、
なんとか試合を実現させたい。
タイのプロモーターに代替案を投げる。
高橋竜平は予定通りIBFパンパシフィック王座戦に出場する。マイク・タワッチャイがIBF挑戦者決定戦を優先するなら、今持ってるパンパシフィック王座を返上すること。そのかわり、高橋が王座を獲得した場合、初防衛戦の場所はタイ、相手はマイク・タワッチャイを選択する。
金銭面の話もする。高橋が王座を獲得した場合のファイトマネー等の条件も決めた。
ここからおよそ2週間に及ぶ熾烈極まる交渉に入る。
その一部をここで公開することにしよう。

2017年12月6日
試合が決定したとの報告と共に、
タイ側から書類、ポスターが送られてきた。

ボクシングとムエタイの混合イベントなのね。
高橋の写真もある。
「ん?」
よく見てみると、
IBF AUSTRALASIAN JUNIOR FEATHERWEIGHT CHAMPIONSHIPとの記載。
ってか、パンパシフィックタイトルじゃねーし。人の話聞いてんのか?このタイ人。
オーストララシアン?オーストラリアとは違うのだろうか?
早速、ググってみる。

「オーストララシア」とは?
オーストラリア大陸
ニュージーランド北島
ニュージーランド南島
ニューギニア島およびその近海の諸島を指す地域区分である。

俺はタイに連絡を入れる。
「日本人とインドネシア人がバンコクでオーストララシアタイトルマッチっておかしくね?」
「IBFから認可がおりたんです」

そんなことがあるのか?
さらに細かく調べてみると、
「オーストララシア」とは、
オーストラリアとニュージーランドの2国のみを指すことが多いものの、
近海の諸島として、
インドネシアも含まれる。

「むむ」

ちなみに、
ニュージーランドでは「オーストララシア」という言葉は使われない。
その理由は「オーストラリア」に似ているから。
ということで、少し意味合いは異なってくるものの、
ニュージーランドでは「オセアニア」と呼ばれる。
そして、
この「オセアニア」には小笠原群島が含まれている。
小笠原群島は東京都小笠原村に属する。

「むむむ」

東京都!
そう!
なんと!
地政学的には
IBFオーストララシアタイトルマッチを日本人とインドネシア人で争っても、
なんらおかしいことはなかったのである!
Q.E.D!
さすが国際ボクシング連盟IBF!
万歳!

ってなると思ってんのか?
おい、微笑みの国タイ人よ。
ナメてんのか?

「こんなものには出ない。Good bye」
俺は電話を切った。

そこから3日たち、
再び対戦相手候補が送られてくる。
「もういいよ。俺はIBFパンパシフィックタイトルマッチ以外は出る気はない」
「いま、IBFの認可待ちです」
数日経ち、認可がおりたとの報告。

難航極めた交渉経緯の末、
IBFパンパシフィックSバンタム級タイトルマッチが決定した。
高橋竜平
12勝4KO3敗1分
vs
タイーチャイ・ジュンタラサック
15勝11KO4敗

情報はなにもない。
YouTubeでタイーチャイを調べたら、
同姓同名の男のカラオケ映像が見つかった。

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。